HIDETOSHI SAKAGUCHI

『something happening』

 

 

 

7月になった。

 

 

何とも ここ最近 いろんなことがあった。

 

 

 

大阪の地震は もう日本に地震がこないところはないんだと思い知らされた。

 

 

改めて 被害にあわれた方たちには 心からの御見舞いを申し上げます。

 

 

 

 

スポーツの話題では あれだけ世間を煽り立てた メジャーリーガー 大谷翔平が故障してしまった。

 

 

「今日は大谷 打った?」「今日は大谷勝った?」というのが 日常の挨拶がわりになってた人も多いと思う。

 

 

 

その話題に代わって出たのがサッカー日本代表だった。

 

 

 

こんなに盛り上がらないワールドカップって無いよねって言うぐらい今回のサッカー日本代表には 期待が無かった。

 

 

ところが!

まさかの大躍進。

 

 

テレビに釘付けになった人も多いと思う。

俺もその一人。

 

 

 

グループリーグ初戦からドラマは始まったね。

 

 

 

詳しいことは サッカーに詳しい人に任せるとして、今回 選手の皆さん思うことは多かったと思う。

 

 

 

ワールドカップ直前に 監督が代わるというバタバタもあり 史上最弱とまで言われた今回の日本代表。

 

 

 

選手のみなさんも悔しかったと思う。

嫌でも耳にはいるだろうから。

 

 

 

蓋を開ければ皆さん御存知の通り。

 

 

 

俺なんか もう試合のたびに泣けてきた。

 

 

あれだけ 懸命に走る姿に。

 

 

 

最後の最後 ベルギーのカウンターくらって 失点するとき 太平洋戦争で それまで 戦いを制した零戦が 敗北する瞬間のようだと勝手に思った…。

 

 

 

 

しかし 王国とは 敗北の中から学び強靭になって築かれていく。

 

 

 

これは 全ての 意志を持った集団にあてはまる。

 

 

 

 

まずは サッカー日本代表に労いの言葉を!

 

 

 

素敵な時間を 本当に ありがとう!

 

 

 

 

THE BODIES

坂口栄俊